借入とはどんな方法をすることが1番か迷う人も多いです。借入と一口に言っても、銀行や消費者金融から借りる方法、質屋などでお金を借りる方法、クレジットカードをつかう方法、知人や親族から借りる方法など様々です。また世帯の収入状況によっては地方自治体からお金を借りることもできます。銀行や消費者金融からお金を借りる方法は1番ポピュラーな手段と言えますが、両者とも過去に借金返済が遅れてしまった、そもそもの収入がないなどの場合に申し込み自体を断られることがあります。

また最初は借入ができても、その金額や借りている先が増えるときちんと返していても断られることもあります。しかし、直接店頭にいくだけでなくネットや電話などで申し込みでき場合によっては当日に多くのお金が入る方法なのでやはり1番に考えるべき方法ともい言えるかもしれません。

一方で質屋などで金策する方法も1つの手段です。質屋では、高級なバッグや毛皮のコートなど市場価値が高いものをお店に預けることでお金が借りられる仕組みになっています。もちろん返済が滞れば預けていた自分の物はお店から流れていきますが、銀行や消費者金融と違いその人の信用情報の審査が必要ありません。そのため過去に支払いが遅れていた、そもそもの収入がないという方でも質屋に手渡す物さえあればお金を借りることができます。

店舗に行けば査定してもらえるので、場合によっては銀行や消費者金融よりも早く現金を手に入れられます。ただし、やはり一般の人がそこまで高額なお金を借りられるほどの品物は出せないので他の方法に比べると借りられる金額は少額になるのが一般的です。続いてクレジットカードによる借入ですが、クレジットカードのショッピング機能ではなくキャッシング機能を使う方法です。銀行や消費者金融のローンと同様にあらかじめこの機能をつけるための申し込みがいるので確認しておきましょう。最後に知人や親族に借りる方法ですが、これらはトラブルの原因にもなりうるので書類で証拠を残すなど自衛しておく方が賢明です。