借入限度額とは、借りられるお金の上限です。例えば、限度額30万円なら30万円までの融資が受けられます。30万円から5万円を借りたら残りは25万円まで借りることができますが、初めに借りた5万円を返してしまえば再び30万円まで借りることができるようになります。限度額は枠として考えるといいでしょう。その枠の中で借入れと返済を繰り返すことで継続的にお金を借りることができるのです

借入限度額は債務者の条件によって設定されるので、自分の希望金額が必ず限度額にできるかと言えばそうではありません。一般的には、年収が高いなど条件が良い債務者でも新規では最高50万円が限度とされており、平均では30万円ほどの限度額が設定されるでしょう。

限度額は増額してもらうこともできます。借入れと返済を定期的に繰り返して正しく利用していくことで優良な債務者であると判断されれば、キャッシング会社の判断で増額してもらうことが可能です。また、それまで待てないという場合は、自分で申請して審査の結果によっては増額してもらうこともできます。

注意したいのは、増額が可能ということは減額も可能ということです。減額もキャッシング会社の判断で行われます。返済の滞納をしていれば、これ以上お金を貸せないということで減額または利用の停止もあり得ます。また、滞納はなくただしく返済できているのに減額されたというケースもありますが、これはリボルビング返済が影響していると考えられます。

リボルビング返済は、毎月一定の金額のみを返済していく方法です。生活費への負担は抑えられる一方で、借り入れを繰り返すと完済が遠のくという特徴があります。繰り返し借り入れが可能とはいえ完済しているかしていないかが重要な判断基準になるため、限度額へ影響を与えることがあるでしょう。正しく返済をすることは最重要圏ですが、それ以前にお金の借り方も考えて利用していかなくてはなりません。