カードローンなどでの借入金について、その可能額はどのようになっているのでしょうか。一つは、そのカードローン会社の限度額として掲げている金額です。最高で300万円まで可能とか、最近では800万円くらいまで可能としている金融機関もあります。しかし、このように掲げている金額は、その金融機関として、どれだけ優良な顧客であっても借入金の可能額はここまでとしている金額です。

つまり、どんな人であってもこれ以上貸すことはありませんということです。ですから、一人一人の人を取ってみた場合には、全ての人がその限度額まで借りられるわけでは決してありません。どれくらいの人がその限度額まで借りられるのかは金融機関によっても違うでしょうから簡単に言うことはできませんが、実際問題として、大多数の人はそこまでの金額は借りられないというのが実状でしょう。

となると、個人個人の借入金の可能額というのはどのようにして決まるのでしょうか。これは結局のところその金融機関がその人にどれくらいのお金ならば貸しても問題なさそうか、しっかり返済してもらえそうかと判断するかに尽きるわけですが、一つの指標として総量規制というものがあります。この総量規制というのは国の規制、ルールですが、一人の人の借入金の上限をその人の年収の三分の一までに制限しましょうというものです。誰しも収入の全てを返済に回せるはずはなく、当然ながら生活費も必要です。

三分の一には明確な根拠などありませんが、要はだいたいこれくらいまでであれば何とか返済していけるだろう、これを越えるような借入金のある人は、返済に困ることが多いようだという見立てがあるわけです。ですから、例えば年収が450万円の人は、150万円が借入可能額ということになります。ちなみにこの金額は一つだけの金融機関からのものではありません。複数からの借入金がある人はそれらの全てを合わせた金額として定められているのです。