FXと日経平均株価やNYダウの動きの関係性

By: Devin Smith

FXは外国のお金と日本のお金(円)の関連性で値が動きます。もう少し詳しく説明すると、円よりドルの方が価値が高いと判断されれば、円安ドル高になりますし、円の方がドルよりも価値が高いと判断されれば、円高ドル安になります。

ドル/円のチャートでは右肩上がりになるのが円安ドル高です。逆にドル/円のチャートで右肩下がりになるのが円高ドル安です。ドル/円のチャートで、なぜ右肩上がりで為替の値が大きくなるのに、円安と言われるのか疑問に思う方がいると思います。それは、ドル/円のチャートで、基本となっているのが「ドル」だからです。

例えばSBIFXのチャートは二つの通貨の関連性で成り立っています。ドル/円では、ドルと円の関連性です。ドルが高くなれば、円は相対的に低くなりますし、ドルが低くなれば、円は相対的に高くなります。

そういった事を踏まえて考えると、ドル/円のチャートで値が大きくなる(右肩上がりになる)と、チャートの名前(ドル/円)の左側に来ている通貨(ドル)が大きくなることを意味し、ドルが高くなれば、相対的に円が低くなり、円安ドル高と言われるようになります。

お金(貨幣)の価値が高いかどうかは、それぞれの国の経済状況によっても左右されます。一般的に、日本の円は安定していると言われ、海外の経済状況が悪い時や、国内の主要株価が低い時には、他の資産を売って、日本の円を買う動きが多くなります。

ほかの国のお金を売って日本の円を買うということは、円高ドル安になる傾向があるということです。繰り返しになりますが、「ドル/円のグラフ」の状況でみると、右肩下がりになり、ドルを売って円を買うと利益につながりやすくなります。

アメリカが日中帯は日本が深夜に当たります。アメリカの日中帯に、アメリカの株価(NYダウ)が大きく下がった場合には、円高ドル安の傾向が強くなります。その勢いに乗って、ドルを売ることで利益につながりやすくなります。

逆にアメリカの日中帯にNYダウが上がり日本の日中帯にも日経平均株価が上がった場合には、円が売られる傾向が高くなります。その勢いに乗って、ドルを買うと利益につながりやすくなります。

そのような、株価の状況に合わせて、流れに乗ってFXの取引をすることで、利益につながりやすくなります。ただし、流れが終わるときに取引をしても、利益にはつながりにくくなるので注意しましょう。

そうような関連性があるので、FXのトレードをする際には、FXのチャート画面だけを見るのではなく、経済指標と呼ばれる、日経平均株価やNYダウといった国ごとの株の動きも見ることをお勧めします。

マーケットのやりやすさを大きく変えたミセスワタナベ

By: Mike Mozart

ここ最近プロの方々が、少々興味深いことを話していました。最近の相場の状況は、昔に比べるとだいぶ変わってきているとの話です。その理由の1つが、日本人の女性トレーダーだと言われています。日本人の女性の中には、いわゆる主婦の方々が見られますね。いわゆるお小遣い稼ぎなどを目的に、売買をしている主婦の方々も多いです。

その方々が売買を行う事により、最近では相場の状況も大きく変わっているようなのです。ちなみにそのような主婦の方々はは、たまにミセスワタナベと呼ばれています。比較的有名な言葉の1つですね。それで一昔前に通用したセオリーが、だんだんと通用しなくなってきているようです。数十年くらい前のセオリーなどは、今やあまり意味が無いと語っているプロの方々も見られます。

なぜ通用しなくなっているかというと、それが上記のワタナベの方々なのですね。上記の方々は、プロのやり方とは少々異なります。例えばスワップポイントを目的に売買をしている方なども、非常に多いのですね。それでプロの方々の場合は、必ずしもスワップを目的に売買をしているとは限りません。むしろデイトレなどで売買をしている事が多いのです。

多くのミセスワタナベの方々がマーケットに参加をしますと、それだけ相場も特殊な動きになりがちです。プロの方々ではなかなか分析が難しい状況に、変化しているようなのです。ですので一昔前に通用したやり方は、今やだいぶ時代遅れになっていると言われています。

さらにそのワタナベの方々の売買のやり方も、常に変化しているのです。前述のようにスワップで売買をしている方々も、最近ではデイトレに乗り換えているケースも多いようです。それでさらに相場が難しくなってきているので、プロの方でも売買が少々難しいと言われています。

つまりFXのマーケットの状況は、ミセスワタナベの方々によって、随分と変化した訳ですね。それを考えると、日本人のトレーダーの方々によるパワーは、やはり侮れない一面があると思います。

25などに下がっていても実は問題無いとの考え方

By: Marek Piepers

一時期にFXの業界では、大きな不満が発生した事があります。それで多くのFXのトレーダーが、海外に流れたケースがあったのですね。というのもこの金融商品では、一時期は倍数が大きく下がっていたからです。昔のFXでは、100倍の売買をする事ができました。というのもこの金融商品には、レバレッジという概念がありますが、それは昔はかなり高めな水準だったのですね。

現在の日本国内のFXの業者では、原則としてレバレッジは25倍以内になります。つまりそれ以上の倍数で売買をするのは、基本的には難しい訳ですが、一時期はそうではなかったのですね。

というのも一時期の日本国内では、100倍での売買ができる業者も多く見られました。そして多くの方々は、そのような業者での取引に、大きな魅力を感じていたのですね。なぜなら100倍もの売買となると、それに見合ったハイリターンが生じる事になります。それに大きな魅力を感じて、100倍で売買をしている方も多かった訳です。

ところがある時に多くの金融業者を総括している公的機関で、様々な見直しを行う事になります。それで最終的には、前述のような25に限定されていた訳ですね。そして多くの方々にとっては、それはあまり面白くありませんでした。ですので海外の業者に流れる方々も、一時期は非常に多かったのです。

しかしここ最近の私は、その25という数字も案外と合理的だったと思います。なぜならその数字によって、リスクが限定される一面もあるからです。25という数字になっていると、用いることができるお金にも限界が生じます。ですが、それもやり方次第ですね。人によってはレバレッジ0.5倍で大きな利益を生み出している事もあります。

そして何よりも0.5もの低さになっていると、やはりロスカットが生じる確率が極めて低いです。それだけ損失を限定できる事を考えれば、やはり理に叶っているのではないでしょうか。ですので100倍から25に下げたという判断は、あながち間違いではなかったと個人的には思います。

FXのセオリーなどを学ぶ時には読むだけでなくデモも併用

By: Internet Archive Book Images

FXで利益を発生させたいと望むならば、やはり勉強は必要だと思います。現に私も勉強によって、腕前が上達したのです。私が初心者の頃は、とにかく何も知らなかったと思います。1日にどれ位の動きが発生するのかもよく分からず、とにかく手探りで売買をしていた記憶があるのですね。

そして初心者の頃には、とにかく損失が拡大してしまっていたのを覚えています。時には1日に数万円ほどの損失が発生している事もありました。ところがある時から、勉強を重ねるようになったのですね。それを徹底し始めてから、だいぶこの金融商品で稼げるようになってきました。

ちなみに私が勉強をした手段は、主に書籍だったのですね。いわゆるFXの情報商材などでは無く、紙媒体の書籍などを用いて、様々なセオリーを学んでいた記憶があります。それで実際に効果はあったので、やはり勉強をするのはとても大切だと思う次第です。

ところで私がFXのセオリーを学ぶ時には、単純に紙媒体の書籍を読むだけでは無く、デモ口座なども併用していた記憶があります。なぜならその口座によって、書籍に書かれている内容を具体的に把握したいと考えていたからです。

書籍の内容などは、やはり抽象的な概念だけでは把握しづらい一面があります。むしろデモ口座などを用いてみないと、その書籍が何を伝えたいと思っているかが、把握できないケースも多々ある訳ですね。ですので私は書籍を読む時には、必ずデモを使うようにしていました。最初の内はデモを使わずに書籍を読むだけでしたが、それでは理解が中途半端になることも多かったですね。デモは必要だと思います。

ちなみにデモ口座を利用する上での料金は、ほぼ確実に無料になるのです。何らかの料金徴収が生じることも無い訳ですから、情報商材が書籍などを読む時には、やはりデモは有効活用する方が良いと思う次第です。デモ口座を併用するやり方は、正直多少の手間が発生します。ですがそれも、FXでの後々の利益に関わってくる訳ですから、一手間かける必要はあると思う次第です。

同じ過ちが生じないように履歴を確認するのが大切

By: Abi Skipp

何事につけても、同じ失敗を繰り返さないようにするのは大切だと思います。日常業務ではそれは非常に大切ですし、普段のFXの売買などでも、繰り返しが発生しないよう気をつけた方が良いでしょう。例えば仕事で何らかのミスが発生したとします。それで怒られてしまうケースは、しばしば見られる訳ですね。

そして怒られた後に、自分なりに軌道修正をするかどうかは大切でしょう。なぜなら修正をしない事には、また同じミスを繰り返してしまう可能性があります。その場合、また上司に怒らてしまう可能性がある訳ですね。ですので自分のやり方が正しいか否かは、随時確認をするのが望ましい訳です。

そしてそれは日常業務だけでなく、FXでも同様になるのです。この金融商品では、やはりミスが発生する可能性はあるのですね。何らかの理由によって、時には失敗をしてしまう事もあります。

ところでミスが発生した時には、やはりそれを改めることは必要だと思います。改めない事には、また同じ過ちを繰り返してしまって、大きな損失が繰り返される可能性があるのです。何回も同じ損失を繰り返してしまえば、それだけ自分がFXの業者に預けているお金も、目減りしてしまう可能性があるでしょう。それだけは避けたいですね。

ではどうすればミスが再発するのを防止できるかと言われれば、やはり売買の履歴を見てみるのが一番だと思います。売買の履歴から学べることは、非常に多いのですね。自分の売買の歴史を見てみて、その原因を深く探ってみると良いでしょう。それで根本的な原因が発覚すれば、最終的には利益率なども上昇すると考えられるからです。つまり見直しをするのが、とても大切なのですね。

そしてFXでは、そもそも履歴を見ようとする姿勢自体が一番大切です。中にはそれを見ようとしない方も見られるのですが、やはり自分の売買の腕前を上げたいと思うならば、それは真面目に確認する方が良いでしょう。その地味な作業を繰り返しているか否かによって、売買の成績も変わってくると確信する次第です。

トレンドが形成されているか否かをローソクの長さで見極める

By: Digital Markketing

FXでは、しばしばローソクを用いることになります。そのローソクは、使い方は非常に奥が深いのですね。
上手く使えば大きな利益が生じる可能性もあります。ですので、使い方を覚えておく事は大切だと思います。

例えば現在の動きに関する情報を、そのツールによって把握できる事があるのです。なぜなら胴体部分の長さなどを見てみる事で、現在の状況が把握できるケースも珍しくないからです。例えば何となく上昇している雰囲気になっているとします。そしてその上昇が本当の意味でのトレントは形成されているか、確認したいと思うケースもある訳です。

というのもFXには、ダマシと呼ばれる現象があります。誰か大口のトレーダーの方々が、いわゆる飛びつき買いなどを狙って、あえて玉を立てている可能性もあるのですね。それで不測の大きな動きが生じるケースもあるのですが、それは一過性で終わるケースがほとんどです。あくまでも大口のトレーダーの方が一時的に建玉を保有しているに過ぎないので、トレンドが形成されているとは断言できない一面があります。そのようなダマシがある点は、FXでは要注意だと思うのですね。

しかし胴体部分を見てみると、そのようなダマシを回避できる事もあります。本当にそれがダマシか否かは、胴体部分の長さによって判断できる事が多いですが、基本的には長い方が信頼度が増す傾向があります。例えば上昇基調になっているとして、胴体部分が少々短いとします。その場合は、いわゆるダマシで終わってしまうケースがほとんどです。逆に胴体部分がかなり太い状況になっていて、しかも長さも確保されている時には、大きなトレンドが形成されている事も多いです。

このようにFXでは胴体部分の長さに着目をする事で、現在の状況を把握できる傾向があります。ですのでトレンドを追跡して売買をしたいと思うならば、ローソクの長さには着目してみると良いでしょう。それだけでも、だいぶ売買のやりやすさも変わってくると思います。